大人がバイオリンを習う場合の費用

バイオリンを習う場合、まず必要になるのが楽器代です。レンタルをしたり、教室によってはレッスン時だけ貸してくれるところもあります。しかし楽器の練習というのは、例え演奏出来るレベルでないとしても毎日行うことが重要。

 

楽器代

特に大人になってから始める場合は、レッスンの時だけ触れるというだけでは上達が見込めませんので、出来るだけ購入する方向で予算を組んでおきましょう。バイオリンというと高額なイメージがあるかもしれませんが、製造方法によってはリーズナブルなものもあります。

 

最初は3万円程度のバイオリンでもいいので、いつでも触れられるように練習用に購入しておきましょう。

 

授業料

次に必要となるのが月謝です。月謝は毎月支払うものですから、家計に負担になるようなレッスン料がかかるのは避けたいですね。

 

 

セレブなイメージが強いバイオリン教室ですが、実はそこまで高額な月謝がかかるわけではありません。もちろん教室によって違いはあるものの、相場としては月4回のレッスンで1万円から2万円程度。相場で幅が出てしまうのは、レッスン時間が関係しています。

 

レッスン時間は30分から60分の間で行われるのが一般的です。時間が少なければ安く、多くなればその分月謝も高くなります。

 

またレッスン回数もカスタマイズできる教室もあり、月4回以上受けることも可能です。回数が多くなれば月謝も比例して高くなりますが、最初はできるだけスパンを空けずに通った方がいいでしょう。通うスパンが短ければ、それだけ自分の体がバイオリンに馴染むので上達も早くなります。

 

個人レッスン

もっとしっかりレッスンを受けたい、早く上達したい場合は個人レッスンも良いですね。ただし、個人レッスンは当然、高額な費用がかかります。

 

講師のレベルにもよりますが、1時間のレッスンの場合だと相場的には5千円から1万円ほど。単純に計算しても、月4回で安くて2万円、高い個人レッスンになると4万円くらいかかってしまいます。

 

経済状態によっては、これだけの個人レッスン料であれば問題ない方もいるかもしれませんが、ここまでの費用負担となると趣味の範囲を超えてしまうので、自分のやる気とお財布事情でしっかり検討した方が良いでしょう。

 

バイオリン代は別として、バイオリン教室の月謝や個人レッスンの料金は毎月必要なので、負担が大きくならないようにしっかり計算してから決めましょう。