野菜を冷蔵庫に保存する方法と冷凍庫に保存する方法

野菜を冷凍庫に保存する方法

野菜を保存する方法として冷凍庫に入れる方法があります。
具体的にはどのように行うのかわからない方も多いでしょう。
こちらでは野菜を冷凍庫で保存する際、どのようにすれば良いのかを紹介していきます。

 

冷凍庫で保存すると霜がついたり、鮮度が落ちてしまうのでは?

そう思われる方も多いと思いますが、できるだけ素早く凍らせると鮮度が保たれるので安心です。
そのためには、急速冷凍機能があればそちらを使ったり、アルミトレーを使ったりしてできるだけ早く凍らせるようにしましょう。

 

野菜によっては冷凍できないものもありますが、冷凍できる野菜全てに言えるのは、

 

  • 食品についた水分はしっかり拭き取る事
  • 下茹でや下調理の後は粗熱を取る事

 

が大切です。
これらをしておかないと、野菜が傷んでしまったり、組織が破壊されてしまう恐れがあります。
注意してください。

 

また、冷却効率を上げるため平たくする事や、ジップロックなど密封できる容器に入れる事も大切です。
アルミのバットなどがない場合は、ラップの上からアルミホイルで包んで冷凍すると野菜を新鮮なまま冷凍できるので、おすすめですよ。

 

冷凍できる野菜が比較的多いですが、「じゃがいも」「大根」「きゅうり」「ふき」は冷凍すると食感が変わってしまったり、味が落ちてしまうので、冷凍には適していません。

 

野菜を冷蔵庫に保存する方法

野菜といえば、冷蔵庫で保存する事が好ましいとされていますが、上手に冷蔵するにはどうしたら良いのでしょうか。
こちらでは野菜を上手に冷蔵する方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

実は冷蔵庫に入れた方が良い野菜と、入れない方が良い野菜がある事をご存知でしょうか。
きゅうり、なす、かぼちゃ、ピーマン、じゃがいも、玉ねぎ、さつまいも、里芋などはそもそも育った環境から考えて冷蔵しない方が良いと言われています。
これらの野菜以外は上手に冷蔵する事で鮮度を保つ事ができますので、やり方を紹介します。

 

基本的にジッパー付き保存バッグなど密封できるものに入れるようにしましょう。
そうする事で、酸化や乾燥、ニオイうつりなどを防ぐ事ができ、鮮度を長い期間保つ事ができます。
また、葉物野菜やアスパラガスなどは立てて保存するなど、育った環境と同じように保存するのが好ましいと言われています。

 

キャベツの場合は芯の部分から傷んでくるので、芯を取り除いてキッチンペーパーを詰めたり、一口大に切って保存するなどがおすすめです。
ニラなどニオイが強く痛みやすいものは、必ず密封しておくこと。
食べやすい大きさにカットしてジップロックなどに入れておくと良いでしょう。

 

基本的にどんな野菜でも密封し、水気を切る事で冷蔵保存が可能です。
保存方法が分からなくなったら、1つ1つ調べる方が間違いないかもしれませんね。

page top