野菜を屋外で保存方法と保存に適した温度について

野菜の屋外の保存方法

野菜を屋外で保存するとなると、一体どのようにすれば良いのでしょうか。
野菜の中には冷蔵庫や冷凍庫よりも、屋外で保存した方が良いものもあります。
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

野菜と言えば、「冷蔵庫や冷凍庫で保存する事が好ましい」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は屋外で保存した方が良い野菜もあるのです。
基本的に野菜全般において「育った環境に合わせた保存方法」が好ましいとされています。
ビニールハウスなどで育っていない限り、屋外の方がより鮮度が保たれて長持ちする事もあるのです。

 

屋外で保存するのに適している野菜は、キャベツ、アスパラガス、白菜など。
どれも新聞紙にくるんで保存するのが良いとされています。

 

乾いた新聞紙に包んで保存する方がいい野菜
じゃがいも、ごぼう、さつまいも、里いも

 

湿らせた新聞紙に包んでポリ袋に入れて保存する方が良い野菜
アスパラガス、ほうれん草、水菜、菜の花、小松菜

 

新聞紙にくるんで保存する場合でも、野菜によってその方法が違います。
注意しましょう。

 

湿らせた新聞紙に包んで保存する野菜は、できれば立てて保存する事が好ましいです。
やはり育った環境と同じように保存するのが一番野菜が長持ちします。

 

野菜の屋外保存の温度

野菜を屋外で保存する場合は、どのくらいの温度が適しているのでしょうか。 野菜の中には冷蔵庫や冷凍庫よりも屋外で保存した方が良いものもあります。 基本的に「常温」とされるのは室温20℃くらいまで。 もしその温度を超えるようであれば、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。 真夏になると当然室温は20℃を超えてしまいます。 その中で保存していると、自然と傷み方も早くなってしまいます。 いくら冷蔵庫で保存するよりも屋外で保存した方が良い野菜でも、20℃以上になると、さすがに鮮度が失われてしまう事が多いので、注意してください。 では、20℃以下の場合どのように野菜を保存するのが良いのでしょうか。 じゃがいも、さつまいもなどは常温保存できる野菜です。 新聞紙やダンボール、もしくは両方で、完全に遮光する事が大切。 光が当たらない事で、長期間の保存ができるので覚えておくと便利ですよ。 玉ねぎに関しても同じように保存するのが良いですが、玉ねぎの場合は冷蔵庫で保存しても良いと言われています。 また、常温で保存する場合は風通しが良く、涼しくて暗いところで保存するのが一番。 家の中でそのような場所を確保しておきましょう。
page top