野菜の保存容器を上手に活用する方法

野菜の鮮度を保つ容器の使い方

野菜の鮮度を保つためには適した保存容器に入れて保存するのが望ましいですが、こちらでは鮮度を保つためにどのような保存容器を使うと良いのか、紹介していきます。

 

基本的に、野菜を保存するにはジップロックを使っている方が多いと思います。
やはり密封性があるのでおすすめのアイテムですね。
しっかりと密封する事で、野菜の鮮度を保ち、乾燥や傷み、におい移りを防いでくれるので、大きめのジップロックを購入しておくと様々な野菜に対応できて良いと思いますよ。

 

オクソーのグリーンセーバー

手軽に買えて値段も高くないのがジップロックですが、他にもおすすめの容器があります。
それが、「オクソーのグリーンセーバー」です。
野菜や果物が放出するエチレンガスは、野菜が傷んでしまう原因となります。
それを天然ヤシガラ活性炭が吸い取る事で、鮮度を保ってくれるという商品です。

 

バスケットタイプなので、通気性が良く、水分に触れず腐敗を妨いでくれる役割も果たします。
調節可能な通気孔も付いているので、食材にあわせて適した湿度をキープできるのも魅力的ですね。
S、M、Lとサイズが分かれているので、野菜によって使い分けると良いでしょう。
初めてセットは10000円と決して安くないお値段ですが、何回も使う事ができるので、1通りのサイズを持っておくととても便利です。

 

 

野菜を容器保存見やすく取りやすくする

冷蔵庫や冷凍庫で野菜を保存すると、どうしても「見づらい」「取りづらい」という問題が出てきますよね。
「あれはどこにあったかな?」と冷蔵庫を長い時間開けていると、その分野菜の鮮度がどんどんと低下。
注意が必要です。
そんな問題を解決するには、見やすく取りやすくする容器が必要となります。
一体どのようなものなのでしょうか。

 

「オクソーのグリーンセーバー」は野菜の鮮度を保ちつつ、バスケット型になっているので、見やすく取り出しやすい形状となっています。
バスケット型という事で、外からパッと見ただけで何が入っているか分かりますし、冷蔵庫に複数個入れられるサイズもあります。

 

たくさん入れるにはLサイズが良いですが、MサイズやSサイズを複数個揃えるのも良いですね。
野菜は特に場所を取る食材です。
収納スペースを確保するために「できるだけ作り置き」をしておきたいところ。

 

共働きの家庭が増えてきています。
平日は凝った料理を作る事ができないなら、おかずを週末にまとめて作りましょう。
野菜室に不要な野菜が眠るのを防いでくれます。
時短にもなり、まさに一石二鳥ですね。

 

買い物の際に、冷蔵庫にしまわなくていい根菜や、日持ちする野菜をバランス良く購入するのも一つの方法です。

page top